09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

節電対策その4~日常のちいさな節電~

2011/07/07
昨日までは、太陽光発電に関する記事を中心に節電対策を書いてきましたが
今日は、我が家の日常の小さな節電対策をずらずら~っとご紹介してみようと思います。


我が家は太陽光発電を設置していることもあって、
節電を要請される以前から、わりと小さな節電対策も積極的にやっていました。


なので今年から急にはじめたというわけではないのですが・・・。



その中でも、↓これは震災後に深刻な電力不足が発表されてからはじめたものです。

LED電球の常夜灯


これは、明るさに反応して自動点灯するもので、
廊下や階段の踊り場などのコンセントに差し込んで使用しています。

我が家は廊下と階段だけで白熱電球を7個も使っており、
一つのスイッチですべての電球が点いてしまう仕組みなので、
これをなるべく点けずに生活できるようにしようと思って購入したものです。

電球をすべてLED電球に買い換えようかとも考えたのですが、
それだとかなりお金もかかりますし、
まだ使えるものを捨てるのも心が痛むので、
切れた電球から順次LED電球に変えていこうと思ってます。


このLED常夜灯は、暗くなれば自動で点灯してくれるし、
小さな充電器が内臓されているので、仮に停電になった場合でも、
コンセントからはずして灯りの代わりになる優れものです
一日に8時間継続常灯しても一月の電気代はたったの1円程度。

決して明るくはないですが、
ちゃんと階段や廊下でつまずかずに歩ける程度の明るさは確保できています^^





それから・・・

こちらは皆さんもきっとされているだろうと思われる

手元でON、OFFができるコンセントタップ

home12.jpg

コンセントの抜き差しは面倒なので
家中のあらゆる場所に設置しております^^;
スイッチタイプにするとそんなに面倒ではないので、
自然と使う前にスイッチをONして、使い終わったらOFFする癖がつきました^^v




お次は・・・・



充電式ハンディクリーナー
エレクトロラックス社の『エルゴラピード サイクロンクリーナー

home14.jpg

おしゃれなデザイン家電がお好きな方はご存知かと思いますが、
自立型のスティックタイプで、中心部分が取り外しできるようになっていて
ハンディタイプとしても使える便利かつ機能的な掃除機です。

このエルゴラピードは、二階用の掃除機として使っていますが、
充電式なので、深夜間に充電を済ませておけば、
昼間のいつでも時間を選ばずに掃除することができるので
これも節電の対策になっているかなと思います(笑)


しかし・・・!

充電式のものって、使いたいときに充電し忘れてた~ってことよくありませんか?

使った後にすぐに充電すればよいのでしょうけれど、
やはり節電のために深夜電力で充電を行なうようにしているのでつい忘れてしまいがち。



そんな私を見かねて、
主人が考えてくれたタイマー式の充電コーナーがこちら↓

home9.jpg

昼間に使った家電の充電器をセットしておくと、
深夜電力の時間帯にタイマーで勝手にスイッチが入って指定時間に切れるようになっています。

これで、充電し忘れがなくなりました~\(^o^)/




最後は・・・


あつ~い夏の快眠お助けグッズの『ひんやりマット

home16.jpg

このひんやりマット・・・かなりのひんやりさです^^;
超暑がりの主人と息子にとっても好評なのですが、
寒がり&冷え性の私にはちょっと冷たすぎるかな~。

中に冷感ジェルが入っており、カバーを取り外して洗うことができるようになっています。



おかげで、まだクーラーは使わずに、ひんやりマット+扇風機で快適に過ごせています


home17.jpg

だけど・・・息子のベットはぬいぐるみだらけで見た目あつくるしぃーーー(笑)
男の子だけど、どうしようもなくぬいぐるみが大好きなんですよ~



節電の夏・・・皆さんも様々な工夫をされていらっしゃると思いますが、
くれぐれも無理のない程度で、健康第一で快適に夏を過ごされますように・・・・


長々と私の節電記事にお付き合いいただきましてありがとうございました☆



ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちり凸と押していただけるとまた元気復活します^^
どうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
23:35 家のことあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0)

節電対策その3~節電効果を管理する~

2011/07/06
節電に関する記事を続けて書いてきましたが、
興味のない話ばっかり~と思われている方もきっといらっしゃると思います。。。
せっかく来ていただいたのに、ごめんなさい
太陽光発電に特化した記事は今日でおしまいです。


最後に少しだけ・・・太陽光の設置による節電効果の管理について書きたいと思います。


昨日に引き続き、太陽光発電量の管理モニタから・・・。
↓こちらは月単位の発電量と消費量がひとめでわかるグラフです(年単位も表示できます)

home4.jpg


月単位や年単位の消費電力量などを前月、前年比でチェック、管理することによって、
電気の使いすぎや無駄を知ることができ、反省や改善の材料となっています。


↓グラフだけでなく、数字表示もできます。
home5.jpg

実はこの太陽光発電システムの管理モニタはブロードバンド通信機能を備えています。
ネットワークにつなげることによって
Web上のモニタリングサービスサイトにおいて
発電診断レポートなどを受けることができたり、電気料金の詳細を出すことなども可能です。

それ以外にも、パソコンにデータを取り込んで
発電量・消費量の実績などを管理、保存したりすることも可能ですので
まるで家計簿をつけるかのように電力に関するすべての情報を
パソコンで管理するということもできます。



節電効果をグラフや数字で確認出来るほかに、

環境への貢献度を具体的に示してくれる機能もあります。。。
home6.jpg

こんなふうに具体的に環境への貢献度を確認することができると、
子どもにも理解しやすく、環境保護への関心度も高まっていくのではないかと期待しています。


太陽光発電を設置することは単に節電対策としてだけでなく、
環境問題や節電意識の向上にも一役かってくれているようです^^



さて。。。
ここからは余談です。。。


本来の節電の話からそれて。。。お金の話^m^;
興味のある方だけどうぞ。

太陽光発電を設置する前は、

『もしソーラーパネルをつけたら、電気代を気にせずバンバン使えるね~』
なんて思っていたおバカな我が家。。。

でも、実際に設置してみたら、
バンバン使うどころかすっかり節電意識の高い家族になりました☆

その大きな要因の一つは・・・。

『余剰電力買取制度』
平成21年11月より、国の法令にもとづき太陽光発電の余剰電力を電力会社が買取ることが義務付けられました。
設置する用途や年度毎に買取価格は異なりますが、原則として、それぞれ価格を10年間固定して買取が行われます。



そうなんです・・・
節電すればするほど、余剰電力が発生し、電力会社に買い取ってもらえるのです。
売電単価(買取価格)は平成22年度で1kwh48円でした。

オール電化住宅が適用している『電化deナイト』という電気料金体系は
昼間(10時~17時)の電気料金単価が一般的な電気料金よりもかなり割高になっているのが特徴なのですが、
それでも1kwh32円程度なので、売電単価(1kwh48円)の方が高いことになります。

しかし反対に深夜料金(22時~8時)はぐ~んと安く、料金単価は1kwh8円となるので、
同じ電力量を使ったとしても昼間と夜間ではその支払う料金は雲泥の差となって現れます。

そのことから考えると・・・

料金単価の安い深夜時間に電力消費の多いものを集中させて
昼間にどんなにたくさんの発電量があったとしても、
それをなるべく使うことなく、電力会社への供給にあてることによってより多くの収入を得る・・・
その収入を初期投資費用の返済の一部に充てていく。。。
というのが太陽光発電システムの設置における返済方法の一つのセオリーです。

そういうからくりもあって、
自然と節電にも力が入り、ひいては節約につながっていくのだと思います(笑)


もちろん、この売電による収益額は、各家庭の発電能力や電力消費量によって
大きく異なります。
(具体的な金額などを書くのは誤解を招く原因になりかねませんので
差し控えさせていただきます)


なにはともあれ、結果的に高い節電意識に繋がっていることには
かわりがないのでいいですよね~?(^ー^:)y


太陽光発電のお話はこれでおしまいです^^/
最後までお付き合いしてくださった皆さま、本当にありがとうございました。
感謝いたします~☆
でも節電の話はもう少し続きます~(ええっーーー)

(注意事項)
ここでは、太陽光発電のシステムの機能と
それにともなって得た節電に関する知識をご紹介しているだけであって
決して太陽光発電システムの設置することをお勧めしているわけではありませんので
ご了解くださいますようお願い申し上げます。
もし、仮に設置をご検討される場合は信用のある業者(複数社)の発電量シュミレーション、
価格などを十分に比較検討されることをお勧めします
(悪徳業者も多数ありますのでご注意くださいね)




ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちり凸と押していただけるとまた元気復活します^^
どうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


20:16 家のことあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0)

節電対策その2~目で確認できる使用電力量~

2011/07/05
昨日は太陽光発電システムの設置についてのメリット・デメリットを
中心に書いていきましたが、
今日は、実際に使ってみての感想や、
節電に対する意識の変化などについて書いていこうと思います。

おうちカフェやガーデニングなどとなんの関係のない記事が続いていますが、
私自身が書き残しておきたい記事でもありますので、
もうしばらくお付き合いくださると嬉しいです^^;


↓こちらはキッチンのIHコンロの後ろあたりの場所・・・。
ここに、太陽光発電システムの発電量などを管理するモニタを設置しています。
home2.jpg



このモニタで

今、どのくらいの発電しているか、そして家全体でどのくらいの電力を消費しているか

ということを確認することができます。



home3.jpg

真ん中のオレンジ色のバルーンの数字(発電量)が左の紫のバルーンの数字(消費量)より
大きければ、完全に太陽光発電の発電量のみで家中の電力がまかなえているということになります。
この数字はリアルタイムでどんどん変化していきます。
そして、余った電力(右のブルーのバルーンの数字)は電力会社のほうに送電されて
買い取ってもらうというシステムになっています。



↓こちらは、時間単位での発電量と消費量のグラフです
home7.jpg


このグラフをみれば、どの時間帯に電力の消費量が多いかなどを目で確認することができます。
晴れていれば、我が家は自家発電分で充分に一日の使用電力をまかなうことができています。
発電した電力は夜間のための蓄電が出来ないのが残念ですが、
余った分は電力会社に買い取ってもらえるので
節電の域を超え、電力供給まで貢献できているということになります。


太陽光発電システムを設置する以前は、

どんな家電がどのくらいの電力を使っているのかということがわからなかったのですが

設置後はそれが、目で見てわかるようになりました。
主な家電を使用すると、モニタの電力消費量の数字がぽんっとアップするので、
設置した当初は、どの家電がどのくらいの電力を使っているのかを知るために、
家電を使うたびにモニターで確認していました。
それぞれの家電の消費電力を目で確認することによって、
節電に対する意識が大きく変わったと思います。


実際に目でみて、おおっ~!と思うくらいに
電力の消費量が大きい家電をいくつかあげておきます。。。

(A群)
・IHクッキングヒーター、電磁調理器具
・電子レンジ、オーブン、オーブントースター
・炊飯器、電気ポットでお湯を沸かす
・ドライヤー
・アイロン
・掃除機


これらの家電を使うと、電力消費量が一瞬でぐんとあがります。
とはいっても、どれも生活には必要な家電なので、
出来るだけ短い時間で使用が終わるような使い方を心がけています。


(B群)
・エアコン
・食器乾燥機
・洗濯機(特に洗濯乾燥機)
・除湿機


これらの家電は、瞬間的な消費量はA群の家電に比べるとさほどでもないのですが(でも比較的大きいです)
特徴としては長時間継続して使用する家電なので、
必然的に一日の消費電力量に大きな影響を与えてくるものの代表選手だと思います。


一昨日の記事で書きましたが、
大規模な停電災害をまねかないために、そして計画停電を実行させないためにも
電力使用ピーク時(午後から夕食の準備頃までの時間帯)に
いかに個々の電気の使用を抑えられるかが一番重要なこと
だと思います


そういう意味ではA群、B群の家電を電力使用ピーク時をなるべく避けるように使うというのが
一番効率がよく効果が大きい節電対策になるのではないかと思うのです。


消費電力の高い家電に関して
私がこの夏の節電対策として決めて実行しているのは、

・IHや電子レンジやオーブンを長時間使う料理、お菓子作りなどは極力控えるか
 もしくは夜間や早朝にやる。
・炊飯器は早朝にタイマーで1日1回のみ。あとは冷凍・冷蔵保存で使う分だけ電子レンジを使用。
・アイロン、掃除機もなるべく夜間か早朝にすませる
・食器洗浄機、洗濯機、洗濯乾燥機(出来る限り使わない)はタイマー使用で深夜電力!

オール電化住宅の方はもともと日頃から深夜電力(夜の10時~朝の8時まで)
の料金の安い時間を利用して家電を使う努力をされていると思うので、
そんなことはいつもやっているよ~と言われそうですが、
オール電化住宅でない方も、日々の家事で意識しながらやっていただけると、
大きな意味のある節電になってくるのではないかと思います。


エアコンの温度を上げることのみが、
節電対策の一番有効な手だてのように思われている風潮がありますが、
実際には、ちょっとだけ生活スタイルをかえることで大きな節電に繋がることもたくさんあると思うのです。

熱中症になるかもしれないような過度の節電対策はあきらかに危険ですし、
それよりも、家事を涼しい時間に効率よく終わらせて、
電力使用ピーク時には買い物にでかけて家にいないようにするなどの工夫をしたほうが
効率的だなと思います♪

電力に余裕のある時間帯は、
無理をせず快適にそして何よりも健康に過ごせるように、
節電を心がけながらも常識の範囲内で、
電力を上手に使っていけばいいのかなと思います



(注意事項)
ここでは、太陽光発電のシステムの機能と
それにともなって得た節電に関する知識をご紹介しているだけであって
決して太陽光発電システムの設置することをお勧めしているわけではありませんので
ご了解くださいますようお願い申し上げます。
もし、仮に設置をご検討される場合は信用のある業者(複数社)の発電量シュミレーション、
価格などを十分に比較検討されることをお勧めします
(悪徳業者も多数ありますのでご注意くださいね)



最後まで読んでくださってありがとうございました。


ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちり凸と押していただけるとまた元気復活します^^
どうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村





21:18 家のことあれこれ | コメント(8) | トラックバック(0)

節電対策その1~太陽光発電システム~

2011/07/04
今日は我が家の節電対策について書いてみようと思います。

日ごろから節電に対して強く意識している我が家。

実はそれには理由があります。。。


昨年9月に太陽光発電を設置したからなのです。


太陽光発電システムとは・・・
太陽からのエネルギーである太陽光を太陽電池(ソーラーパネル)で電気に変えることによって、
一切の燃料を必要とせず、空気汚染もなく、温暖化ガスCO2の排出量を減らし、
地球に優しく、より安全にエネルギーを生み出すことができるシステムをいいます。


home1.jpg


もともと、家を建てたときにオール電化住宅にした我が家。
太陽光発電も一緒に設置したかったのですが、経済面から敢え無く断念した経緯がありました。

それから4年後・・・

経済的に余裕があったわけでも決してないのですが、
やはり、環境問題やエコ活動への参加協力したいという気持ちに加えて、
節電対策として設置するだけの経済的なメリットがあると確信したので、
新たにローンを組んでまで設置したものでした・・・。

まさかその半年後に
こんな大震災が起こるなんて予想もしていないことですし、
それに伴う深刻な電力不足・・・そして全国的な大節電を迫られるキビシイ夏になるとは
思いもよりませんでした・・・。


太陽光発電を設置してから、約10ヶ月が経過していますが
その節電効果はすばらしく・・・今のところは設置して本当によかったと思っています。


太陽光発電に関してはご存知の方も多いかと思いますが、
興味はあるけれど設置について迷われている・・・という方も
もしかしたらいらっしゃるかもしれませんので、
設置によるメリット・デメリットなどを簡単にご紹介しようかと思います。

マンションにお住まいの方などは、特には興味のない内容になってしまうと
思われますので本当にごめんなさい。。。><。。。
それに文字も多くて長文になりますので、
ご興味のないかたは遠慮なくささっ~とスルーしちゃってくださいね^^;


まずはデメリットですが・・・
設置コスト(初期費用)がかかるということのみにつきると思います。

我が家はもともとオール電化住宅だったため、
温水器(エコキュート)やIHクッキングヒーターなどを新たに設置する必要はないので、
太陽光発電システムの金額のみが初期費用となりましたが
オール電化住宅でない場合は、その分の金額も初期費用にかかってきますので
かなりの高額の初期投資費用になるかと思われます。。。

太陽光発電システムに関しては、
各メーカーによっても発電能力の機能性やコストが大きく異なりますし、
設置するソーラーパネルの大きさ(発電能力)によっても初期費用が大きく違います。
また、たくさん発電させたいと思って、たくさんのソーラーパネルを乗せようと思っても
屋根の形状や方角、角度によっても乗せられるパネルの量が変わってきますので、
各家庭によって、メーカー選びやソーラーパネルの大きさ(発電能力)は
慎重に選択したほうがいいかと思われます。


ちなみに我が家の太陽光発電はシャープ製のもので、
ソーラーパネルは27枚設置しており、発電能力は4.32kwシステムとなっています。
我が家はちょうど真南の屋根がソーラーパネルが設置しやすい平屋根になっており、
27枚のパネルをキレイにずらりと並べています。
真南なので時間帯による発電のロスも少なく、一般的な家庭の発電能力に比べると
少し大きめの発電量が期待できるシステムとなっています。



初期費用としてある程度まとまった設置コストがかかるものの、

経済的なメリットととしては・・・

①国や市から設置時に補助金が支給されること。
国からの補助金は最大出力1kwあたり7万円(平成22年度)だったので、
我が家に関しては4.32kw×7万円=約30万円の支給
自治体(福岡市)からは一律10万円支給(平成22年度)
②月々の電気代が安くなること。
③自家消費して余った余剰電力を電力会社に売電することにより毎月収入を得ることができるということ。

平成22年度の売電単価は1kwhあたり48円(以下10年間固定単価)

があげられます。

①~③のメリットを考えると、
耐用年数の17年もかからないうちに初期費用は全額回収されるのではないかと思います。

減価償却上の耐用年数は17年となっていますが、
ソーラーパネルに関してはそれ以上の30年は持つだろうと目測されていますが
これはちょっとまだ経過してみないとわからないところだと思います。
ですが、仮に30年持ったとすると、初期費用の回収後は、ほとんど光熱費がゼロとなり、
余剰分の収入も得続けることができるという夢のような話になります


初期費用とメンテナンス費用を含めた金額(うちだとローン代)が
月々の電気代のメリット分+売電収入である程度カバーできるかが
設置に関するひとつの大きなポイントではないかと思います。




太陽光発電の設置に関するメリットデメリットについて書いてみましたが
文字も多くて、意味不明なところもたくさんあったのではないかなと思われます
でも、我が家ではこの太陽光システムを中心に据えた節電対策をやっているので
この説明を省いては次に進めませんでした。。。
特にご興味のない方も『へぇ~、太陽光ってそんななんだね』って思って
軽く読んでいただけたら幸いです。。。

今日はまた長くなってきたので、ここでおしまいにします。


で!

明日は、実際に使ってみての太陽光発電システムのメリットをご紹介しながら
我が家の節電対策を書いていこうかと思います。
またお付き合いしていただけると嬉しいです~^^/



(注意事項)
ここでは、太陽光発電のシステムの機能と
それにともなって得た節電に関する知識をご紹介しているだけであって
決して太陽光発電システムの設置することをお勧めしているわけではありませんので
ご了解くださいますようお願い申し上げます。
もし、仮に設置をご検討される場合は信用のある業者(複数社)の発電量シュミレーション、
価格などを十分に比較検討されることをお勧めします
(悪徳業者も多数ありますのでご注意くださいね)




最後まで読んでくださってありがとうございました。


ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちり凸と押していただけるとまた元気復活します^^
どうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村











20:00 家のことあれこれ | コメント(11) | トラックバック(0)

節電の夏について思うこと。やれること。

2011/07/03
7月に入っていよいよ『節電の夏』がスタートしましたね
経済産業省は7月1日より事業者を対象にした15%の電力の使用制限を開始し、
家庭での使用電力も15%減らすような節電の協力を要請されています。

でも、自分の家庭の使用電力の15%を削減しましょうと言われても
そもそも・・・どの家電がどのくらいの消費電力なのかもわからないし、
いったい何をどう節電すれば15%削減できるのかよくわからないという声もよく耳にしますよね・・・


私は家庭の消費電力をトータルで15%削減するという考え方よりも、

電力使用ピーク時に積極的に節電できるような生活スタイルにチェンジすることが重要

なのかなと思うのです


電力は貯蓄することができないので、発電限度量いっぱいいっぱいになるピーク時に
なるべく電力を使わないことが一番の節電対策になるのではないかと思うのです。
だからといって、ピーク時以外のときは無駄に使っていいという話ではなく
日ごろからのちいさな節電(こまめにコンセントを抜くなど)も積極的にしていかなければいけないと思います。

でも、大きな停電災害をまねいてしまったり、計画停電とならないためにも
日ごろから電力のピーク時を意識しつつ
(大抵はお昼過ぎから夕食の準備あたりの時間帯が電力使用量ピーク時)、
なるべくその時間帯を避けて電気を使うような生活を心がけようと思います。

具体的には・・・
・食事の下ごしらえや準備など出来ることは前日の夜間や朝などにやっておくようにする。
・掃除機やアイロンなど使用電力の大きなものはピーク時を避けて行なう。
・洗濯機や乾燥機、食器洗浄機などは夜間にタイマーでまわすようにする。

などなど・・・あげればキリがないのですが、
みんながそれを意識してやることによって大きな効果が得られるのではないかなと思うのです。

なので、寝る時間にエアコンを切って暑さを我慢しての節電協力というのも
体調を壊しかねないことになってはいけませんし、
特に夜間に関しては電力に余裕があると思われるので、
常識の範囲内でエアコンを使用する分には問題はないと私は思っています。


生活の質を大きく損なうような節電はあまり意味もないですし、
体調を損なうなどの危険もありますので、
あまり無理をしない程度で効率的に協力していけたらなと思います




さて・・・・随分と長い前置きになってしまいましたが、

これから数回に分けて、我が家の節電対策についてご紹介してみようと思います。

長くなってきたので今日はこれまでにしたいと思います♪

ご興味のある方はまた見にきてくださると嬉しいです^^/




最後まで読んでくださってありがとうございました。


ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちり凸と押していただけるとまた元気復活します^^
どうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


23:54 家のことあれこれ | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。