07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

次世代を担う子供達に伝えたいこと。『人を思う気持ち』 『助け合う心』

2011/03/19
震災の日からもう1週間が経過しました・・・。
しかし依然として援助支援が行き届いていない様子が伝わってきており、
テレビの前でもどかしい気持ちでいる方も多いのではないでしょうか・・・。
私もその一人です・・・。

援助の輪は確実に広がっているはずなのに、
被災地の各地の避難には十分にその援助の手が行き渡っていない現実を
日々のニュースで見ながら、どうすることもできずただ祈るばかり・・・。
原発の恐怖もつのるばかりで・・・一日も早く事態の沈静化が図れることを願うばかりです。


私事ですが・・・
先週は主人の会社から給料天引きという形で、日本赤十字社の義援金へ
まとまった金額(といっても微々たるものですが)の募金をさせていただきました。

私個人としては、17日の記事に載せました『野菜サポーター』の募金をさせていただきました。

そして、今回の地震災害の意味をいまいち理解しきれていない息子には
買い物のときなどに募金箱に小銭を入れるという募金活動を継続してやってもらっています。
直接被害を受けていない息子にとって、地震や災害のことを理解させ、
心からの協力や助け合いの気持ちをもってもらうには少し難しいのかもしれません。
でも、次世代を担う子供達ですので、少しでも助け合いの気持ち、人を思う優しい気持ちを
理解して行動に移していってもらえたらと思っています。


それも、私のような子育て世代ができる『何かできること』のひとつではないでしょうか・・・。


精神的に弱いダメな私です・・・
ともすれば、崩れ落ちそうになる気持ちを励まし、支えてくださっているのは
このブログを見てくださる人がいるということ。
あたたかいコメントを残してくださる方がいるということ。
ブログを通してがんばろう!と奮起して行動を起こしている方がたくさんいらっしゃるということ。

自己満足的な趣味で始めたブログではありますが、
何も出来ない出来ないと嘆いているばかりではなく、
ブログを通じて、きっと何かの小さなお役にたてることがあると信じて
自分なりにやっていこうと思っています。



今日も庭のお花の写真をアップします・・・。



白いお花は『ひなぎく』で別名デージーともよばれています。
昔、デイズ・アイ(太陽の目 )と呼ばれていたところから転じて
『デージー』という英名がついたそうです。
花の芯を太陽に、花弁を光線に見立ててつけられた名前だとも言われています。

この花を見ていると本当に太陽の光が降り注ぐあたたかい光のイメージをうけます。


ひなぎくの花言葉の中には

『あなたと同じ気持ちです』 『平和』 『希望』などが含まれています。

被災地のの皆さんの苦しみや悲しみの気持ちを忘れずに、
一日も早い平和な生活をとりもどせるように・・・
希望をもってしっかりと生きていこうと思わせてくれます・・・。





そして、ピンクのお花は『プリムラ・ジュリアン(バラ咲き)』です

プリムラ・ジュリアンの花言葉は『永続する愛情』

プリムラの「プリ」はラテン語で「第一」の意味があり、
春一番に咲くのでこのような名がつけられたそうです。


寒い冬を乗り越えて、春に色鮮やかな花を株いっぱいに咲かせるプリムラを見ていると

『逆境に耐えつづけ頑張っていれば、必ず苦労が報われる時が来ますよ』
と教えられているような気がします。





きっとどこかで誰かの心の安らぎになってくれることを願っています。

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
12:27 日々の日記 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
こんばんは
こんにちは。
今日は計画停電を行わないことを東電が発表しているので久しぶりに書き込みさせていただきます。

自分に直接、なんらかの被害や影響がないと、どうしても震災直後は『心配だ』と言っていた人も、数日たって、テレビも報道特番が減って、いつものお笑い番組が放送されるようになると、『他人事』になってしまう場合が現実的には多いと思うのですが、リネンさんのように一週間たった今も、現地の被災者の方のことを思い、祈り、そして次世代へとその気持ちを伝えていけるのは、本当に素晴らしい、稀なことだと思います。

復興まで一年、二年、もっと長い時間がかかると思います。
それまで小さくても被災者のために出来る『何か』をこれからもずっと探し続けたいですね。
No title
こんばんは。

もう既に1週間過ぎてしまったのですね。
依然、改善されない状況に気持ちが萎えそうな時もありますが、皆さんの頑張る気持ちを表しているブログをみると、頑張らなくてはと思います。

こちらは、今日、明日と計画停電が見送られました。
皆が節電に積極的になっているんだと思います。
先ほども強い揺れがありましたが、だんだんと
素早い対処が出来るようになった気がします。

リネンさんの、お子さんへ伝える気持ち。
本当にこれからとても大切だと思います。
一人でも多くの人が、リネンさんのように、思いやり、優しさ、助け合いの気持ちを、次世代に伝えて行く気持ちになってくれると素敵ですね。

小さな、ひなぎくを見ていると、頑張らなくては・・・と思います。
今日 がれきの下から80歳の女性と16歳の少年が助け出されると言う嬉しいニュースが飛び込みました(^-^)
冷蔵庫のヨーグルトなどを口にしていたとか。

80歳と言うと青春時代を戦争で追われた年齢でしょう。
本当に頭が上がりませんね。

兄君の通う園で義援金を呼び掛けられたみたいで 兄君は自分の少ないお財布(小銭ばかり)の中から1000円もの大金を出してきていました。
小さいながらも 報道でどんなに凄い事がおこったのか感じているのでしょう。

今回の災害で被災した方を知り 中には 被災した方の気持ちを理解する為 暖房なし食事なしで生活する なんて方も 聞きました…そんな事しても本当の気持ちなんて解るはず無いし何の意味があるのか(--;)偽善者です。

遠く離れた私達は私達にできる事はあるはず。それは今 すぐ役に立たなくても良いんですよ。

世の中が平和に~と思うならまずは自分の周りが平和で無ければなりません。

私も我が子に色々伝えたい事はありますがまずは我が子との関係がうまくいかなければ 伝わらない。

物が買える 私達は 申し訳と後ろ向きになるかもしれません。
でも 物が買える私達は有り難い事なんだよ。と子供に伝える前向きさも必要だと。

美味しい食事も 後ろめたいかも しれない。
でも 美味しい食事をしながら 楽しい話をすれば 子供達の心は豊かになります。
その豊かな心を持った子供達は大人になれば 世のため人のために 動ける人になってくれると信じております。

被災した方が頑張っているのに私達が後ろめたさで腐っていては 申し訳ない。

私達が買い物をするから経済が成り立ちます。
経済まで 狂うと日本は倒れてしまいます。

福島のお友達が
私達は 原発問題で不安やけど 私達より東北の方がもっと大変なんだから。
と元気に言っていた。

私 かなりネガティブな性格だけど ポジティブパワーを逆にもらった気がしたよ。

私は私のできる事。
大切な家族 我が子達が 今からこの日本を背負っていくには 本当に 愛が無いといけないと 感じます。
難しい事は我が子達に教えられないけど 沢山の愛を込める事は出来ます。
沢山の愛を受けた子は沢山の愛を他人に込める事が出来る子になります。
それが私が我が子達に出来る事かと。

きっと 被災された方々が私達に望む事は一緒に泣いてくれる事より一緒に笑ってくれる事を望んでいるのかも。
Yu-Rinさんへ
温かいコメントありがとうございます。
返信が遅くなりすみませんでした・・・。

Yu-Rinさんがおっしゃるように、
地震が発生した当初は、本当に地震関連の報道特番ばかりでしたが、
一週間も経つとそれもだんだんと減ってきて
テレビの中もそして日常も淡々とした時間が流れていくようです・・・。

報道で見ているかぎりは
やっと救援の手がまわりはじめたような感じがするので少しほっとしています。
とはいえ、このことを『他人事』のように忘れ去ってはいけないと思うので、
いつもこの日本国内の空のずっと向こうで苦しんでいる人がいることを心に刻んで、
日々粛々と自分らしく生活していきたいと思っています。




nyancousagiさんへ
いつも温かいコメントありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさいね。

お恥ずかしい話ですが、
今まで生まれてこのかた『誰かのために何か私に出来ること』なんて
真剣に考えて生きてきたことなどない私でした・・・。

でも、今回の災害のことでいても立ってもいられない気持ちになり、
何か自分に出来ることを考え続けていました。

恐怖と不自由を強いられている被災地の方々や
福島の原発で不安を抱えながら生活されている方、
計画停電などや交通混乱の中で我慢をしている関東方面の方々のことを考えると、
こんなに何の不自由もなくいつもどおりに生活できることが申し訳なく感じていました。

もともと感情移入が強く、落ち込みやすい性格の私なのですが、
それが私の中でマイナスの方向に向かってしまい、
いつも普段どおりにやっていることが楽しく感じられなかったりして・・・
元気でいなければいけないはずの気持ちがぐっと沈んでしまったのだと思います。

そんなとき、nyancousagiさんから、
「リネンさん、少し疲れているのでは・・・」と言ってもらったので
「ああ、わたし少し疲れてるんだな」と気づくことができました。
ありがとうございました。

このままだと、私の大切な周りの人たちの元気まで失わせてしまうところでした・・・。

この先もこの災害のことを決して忘れずに、
自分に出来ることを日々粛々と頑張ってやっていきたいと思っています^^

本当にありがとうございました☆
希望☆彡さんへ
いつも心温まるコメントありがとう。
返信のコメントが遅くなってごめんなさいね。

希望☆彡さんのくださったコメント(前回の分も含めて)を
何度も何度もかみしめるように読ませていただきました。

今日、たまたま福岡市の市長さんのお話を直接聞く機会があったのですが、
その話の中で市長さんも「どうか、普段どおりの生活をつづけてください」
と懇願されていました。
「今は、(被害をうけていない)西日本のみなさんが元気をだして
日本経済を支えていきましょう」とも。

大震災の発生した日から、あまりの惨劇に言葉を失い、ショックを受け・・・
何か自分に出来ることを考え続け、でも何も出来ない自分の無力さを感じ・・・
日々の普段通りの生活にさえも申し訳なさや後ろめたさを感じ続けていました。

希望☆彡さんが言われるとおり、
すぐに役に立つことではなくとも遠く離れた私達に出来ることはたくさんあるはず。
そして私には私にできることを・・・。

自分のなすべきことがわからずに迷い続けた一週間でしたが、
このままだと一番大切なことを見失ってしまうところでした・・・。
家庭や家族を大切に思う気持ちは世の中の平和に繋がっているのですよね・・・。


今まで胸の中にしまい込んでいた色んなもやもやとした思いがふっと軽くなりました。
そして本当に大切なことを改めて思い起こさせていただきました。

ブログを続けていることで、
こんな風にたくさんの方からいろんな大切な思いを届けていただけること・・・
心から感謝したい気持ちです。

私は幸せ者です・・・。
本当にありがとうございました。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。