07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

忘れないよ・・・卒園式のこと。

2011/03/23
東日本大震災の目を覆いたくなるような被害状況の衝撃映像に
日本全国が打ち震えた週末明けの3月15日。
この日は息子の卒園式でした・・・。

息子が初めて修了証書をいただく記念すべきこの日でしたが、
私は震災のほうへ気持ちが流れてしまっていました。

本当なら、親子共に深く記憶に残るはずの楽しい嬉しい感動の卒園式のはずなのですが
わが子に心の底から笑顔で『おめでとう』の言葉をかけてあげれていたのか・・・
今になって考えてみるとよく覚えていないのです。

思えば、あの震災の衝撃的な映像を見た日から
私の心は言いようもない悲しみや苦しみの感情に完全にのみ込まれていて、
今そこにある幸せに感謝し想いを馳せる気持ちの余裕さえなかったように思います。


その卒園式からもうずいぶんの時間が経過してしまいましたが・・・
やはり、私達家族にとって記念すべきこの日のことを思い出し、そして忘れないためにも
ちゃんと成長記録として残しておきたいと思います。


                   


先生方の手作りのたくさんのお花で飾られた卒園式のウエルカムウォールが
私達親子を温かく出迎えてくれました。
未就園児クラスの頃から通して4年間も通った幼稚園ともいよいよこの日でお別れです・・・。

2011-3-19-5.jpg




幼稚園の入り口の壁には
今までの歴代の卒園生が製作したタイルが飾られています。
その中に、息子の製作した真新しいタイルも仲間入りしました。

そこには子供達一人ひとりの輝かしい『将来の夢』が描かれています。

2011-3-19-7.jpg

この記念のタイルは息子がこの学び舎で育ったという証。
卒園してもずっとこの幼稚園と繋がっていているんだよ。
見守っているよ・・・ということ。




山や川、畑、動物などのたくさんの自然に囲まれた素晴らしい環境の学び舎。
木の香りがいっぱいする太陽の光がたくさん射し込む大好きだった教室・・・
時にはけんかもしたけれど・・・いっぱいいっぱい楽しく遊んだ仲間達。

2011-3-19-6.jpg

親子遠足、どろんこ遊び、おみこしかついだ夏祭り、
初めてのお泊り保育はちょっとドキドキしたけどみんながいたから大丈夫。
秋の大運動会のかけっこ一番になったよ・・・。
いもほり、みかん狩り、お相撲さんとの真剣勝負も楽しかったな。
クリスマス発表会、マラソン大会も音楽発表会もすごくがんばった。

あんなこと、こんなこと・・・みんなと幼稚園で一緒に過ごした日々・・・
小学校に上がっても絶対忘れないよ。

・・・と、息子やお友達の笑顔はそう言っているようでした。





入り口のあたりにそっと貼られていた詩。

「くまのプーさん」の著者であるA・A・ミルンの『六つになった』という詩集からの一篇です。

この詩を読みながら・・・
息子のこれまでの成長が走馬灯のようによみがえってきて胸の奥があつくなりました。

2011-3-19-1.jpg

『六つになった』

一つのとき なにもかもはじめてだった
1歳の頃の見るもの聞くものなにもかもが初めてでした。

二つのとき ぼくは まるっきし しんまいだった
2歳の頃は少し言葉を発しはじめ、よちよち歩きを始めたけれどまだまだ新米。

三つのとき ぼくは やっと ぼくになった
3歳の頃には、時にはつないだお母さんの手をはなれ友達のところへ。
自我の心が芽生えはじめる。

四つのとき ぼくは おおきくなりたかった
4歳の頃には、ちょっと背伸びして大人と同じことをやりたがった。一人でなんでもやりたかった。

五つのとき なにから なにまで おもしろかった
5歳になると、好奇心のかたまりで『なんで?どうして?』の質問攻め

いまは六つで ぼくは ありったけ おりこうです
6歳の頃には、色んなことや大切なことがずいぶんわかるようになった。
そしてぼくはありったけのおりこうさんになった。

だから いつまでも 六つでいたいと ぼくはおもいます
今のままのありのままの自分を受け入れることができる、自己を肯定できる子どもにそだったということ。

もしかしたら本当の解釈は違うのかもしれませんが・・・
私は息子の成長に照らしあわせながらこんな風に感じました。


親として・・・今思うこと。

息子の小さな心の声にちゃんと耳を傾けてあげることができていたかな。
息子が幸せで嬉しかったとき、その幸せで嬉しい気持ちを全身全霊で受け止めてあげれていたかな。
息子が不安なときに、たくさんたくさん抱きしめてあげれてたかな。
息子がつまずいてしまったとき、そばにいて優しく見守ることできていたかな。
そして・・・ありのままの息子を受け入れてたくさんの愛で包んであげることができていたかな。




最後になりましたが・・・


これまで息子の成長をずっと見守ってきてくださった先生方、本当にありがとうございました。

それから・・・
これまで大きな病気もせず元気に成長してくれた息子に伝えたい・・・。

これからも自信を持って自分らしく成長していってくださいね。
お父さんとお母さんはいつもずっとそばで見守っています。
そして・・・もったいなくらいのたくさんの幸せと思い出を私達に与えてくれてありがとう

2011-3-19.jpg


心から感謝の気持ちを込めて・・・

『卒園おめでとう』




長い記事を最後まで読んでいただいてありがとうございました。
ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけるだけで1票入る仕組みになっています。
応援クリックをしていただけるとブログを続ける励みになりますのでどうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
08:27 成長記録 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
こんばんは(^^)

この時期に、こんなに温かい式をして下さった先生方の愛情に、子供達も、そしてご家族の皆さんもきっと忘れられない思い出となったことでしょうね。

私は、幼稚園と言えば『思い出のアルバム』という歌が忘れられません。
今でももふと、頭に浮かんできます。
「いつのことだか おもいだしてごらん 
あんなこと こんなこと あったでしょう」

幼稚園の時期は、まさにこの歌そのもののような気がします。

そして、A・A・ミルンの『六つになった』という詩集、素敵ですね。
はじめて知りました。

リネンさんの愛情を受けて、そして、まだまだ分からないなりにも、今回の地震の事で幼い心でも色々考えただろう息子さんは、
きっと素敵な大人になることでしょうね。

一度しかないこの瞬間。
本当におめでとうございました(*^^*)

こんばんは。
息子さんの卒園おめでとうございます!

子どもは未来につながっていますよね☆
かすかに残る自分の卒園式の記憶を思い出し、
親がこんな風に自分のことを想っていてくれたら
とても嬉しいなぁと思いながら、読ませてもらいました。

息子さんが成長された時、この記事は
とてもいいプレゼントになりそうですね♪
nyancousagiさんへ
こんな時期なので、大きな声で『おめでとう』を言うのも
なんだか憚れるような気がしてブログにアップするのも悩んでいました・・・。
でも、やはり今この瞬間にしかない想いを書き残しておきたいと
思って書きましたがそんな風に言っていただいて嬉しかったです。
ありがとうございました・・・。

息子の卒園式でも『思い出のアルバム』も歌われましたよ・・・。
先生が歌って、それに呼応して子供達が幼稚園での思い出を
みんなで唱和するという形をとっていました。

私はこの歌のときが一番感極まっていて涙が止まりませんでした・・・。
一生大切にしたい思い出の一つとなりました^^

キャラメル1101さんへ
ありがとうございます^^

こんな状況下なので、なんとも後ろめたい気持ちもありましたが、
子どもの未来を素直に祝ってあげたいと思い、思い切ってアップしてみました。

なので、そんな風に思ってもらえてすごく嬉しいです・・・
ありがとうございました。

子どもの成長に対する親の思いはみな同じようなものです。
底なしの無償の愛に溢れています。
きっと、キャラメル1101さんのご両親も同じような思いで
ずっと成長を見守られてこられたと思いますよ。

そしてその生涯を終える最後の時まで見守り続けてくれるのが
親なのかなと感じています。

おめでとう
ご卒園おめでとうございます。
タイル素敵ですね~
またいつでも 園に行きたくなるし タイル達が 迎えてくれますね(*^^*)

私たちも20日に卒園式を終えました。

息子も未就園児から通っていたので4年…早かったです。
妹もいるからまだ2年通うけどまだまだ卒園したくない させたくないと とても寂しく感じました(>_<)

お互いよい幼稚園や先生方に恵まれ幸せでしたね(*^^*)

素敵な一年生になりますように☆彡
希望☆彡さんへ
息子さんのご卒園、おめでとうございます^^
きっと涙・・・涙・・・の卒園式だったのではないでしょうか。

子どもの成長を一番身近に感じることのできる幼時期を
親子で楽しく過ごせたことは一生の宝物ですね^^

お互いの息子達がこれからどんな小学生時代を過ごしてくれるのか
どんな風に成長してくれるのかとても楽しみですね^^


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。