06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

瀕死の苗からの復活~ミニバラ『安曇野』~

2011/06/11
今日はお庭のバラから。

我が家のバラの仲間入りをしたのは3年前のちょうど今頃・・・

花も咲いてないうえに黒点病にかかって瀕死の状態で
園芸店の隅っこに1苗60円で売られていたミニバラ・・・

安曇野




ちゃんとしっかり元気に育てたいと思ったら苗選びはとっても大切なのに・・・^^;
『葉が生き生きとしている』 『病気になっていない』などは苗を選ぶ重要なポイントなので、
本当なら絶対に選ばないような酷い状態の苗でした・・・。


『安曇野』と名づけられた由来などは未だもって不明ですが、
でも、20代の頃に旅行で訪れた長野県の安曇野がとっても素敵なところだったので
なんだか懐かしく思い出してしまい・・・
名前と値段の安さだけに惹かれて思わず2苗買ってしまったのでした^^;

2011-6-11-4.jpg


瀕死の状態だったので、ダメもとで育ててみましたが・・・
とても丈夫で育てやすい品種だったようで、どんどん大きく成長していきました。
(基本的に一重のバラは強靭で病気にも強く育てやすいようです)





先日ご紹介したつるバラのバレリーナを一回り小さくしたような
一重の可憐な花を株いっぱいに咲かせてくれます

2011-6-11-10.jpg


ひとつは鉢植えで、もうひとつは地植えで育てています。


普通のミニバラだとおもって購入したのですが、
育ててみるとつる性のミニバラだったようで、
たくさんの枝を伸ばして暴れるので、小さめのオベリスクに誘引させています。



2011-6-11-3.jpg




なんの考えもなく買ってしまったミニバラでしたが、
野趣あふれる可憐な姿は、今では大のお気に入り♪




小さなポット苗がこんなに大きくなりました^^

2011-6-11-6.jpg


遅咲きなので、他のバラが終わって寂しいなと思う頃に咲き出して、
晩春の長い期間を楽しませてくれます

本当はこの後満開の時期を迎えたのですが・・・
早く梅雨入りしたため、長雨で花弁が痛んでしまったので
一番キレイに咲いていたこの時期の写真が『安曇野』の撮り納めとなりました





現在、ガーデンの記事とそれ以外の記事を交互に書いております。
そのため、お花の写真がリアルタイム更新でなく時期をはずしてしまっております。
そのことをご理解いただいて温かい目で見ていただけたらと思っています。
(ご参考までに写真の端に実際の撮影日を記載しております)

お花の写真に関しては、接近写真だけでなく、株全体の写真、
庭の雰囲気に溶け込んでいる様子なども撮影可能な範囲内でご紹介したいと思っていますので、掲載写真の枚数が多くなっていますことをご了承いただきますようお願い申し上げます。




長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございました。
お気軽にコメントなどいただけたらとても嬉しいです(*^^*)
ブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけるだけで1票入る仕組みになっています。
お手数ですが応援クリックをしていただけるとブログを続ける励みになりますのでどうぞよろしくお願いします☆

にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
11:45 ガーデニング | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
No title
私も一度悪い状態の薔薇を安くで買った事が
あります。優しいアプリコット色ですごく
好きなのですが、やはり、いい状態では
ありません。地植えにしても弱々しいんですよ。
元の苗が悪いとダメなんだな~と、思いました。
一重の薔薇は原種に近いタイプが多いので
強いのでしょうね。リネンさんは良かった
ですね!

安曇野行ってみたいな~「おひさま」の影響
なんですけどね^^;
No title
こんばんは(^^)

なんとも、素朴で清楚なバラですね~!
教えて頂けなければ、これがバラとは判らないぐらい、とても華奢な可愛らしいお花ですね。

リネンさんの愛情で助けられたバラ。
なんだか、恩返しをするぞー!という気持ちを感じて、とってもけなげで素敵。
安曇野なんて、とても古風な名前ですが、なんとなく、日本人の心を持ったバラという印象で、とってもぴったりです(*^^*)
No title
安曇野、私も行ったことがあります。
本当に素敵なところですよね!

きれいに咲く”安曇野”を見ていると、
瀕死の状態の苗を買い、心を込めてお世話された、
リネンさんの優しい気持ちがバラに伝わったとしか思えず、
心がジーンとしてきました。
瀕死の薔薇が
こんなに素敵に育って
嬉しさもひとしおですね。

どのショットもかわいいです!
のりりんさんへ
おはようございます^^

苗選びは重要ですよね~。その後の成長に大きくかかわりますものね・・・。
のりりんさんが言われるように、一重のバラは原種に近いタイプが多いみたいで強靭ですね。
こんなに大きく育つとは思いませんでした☆
ダメもとでしたがお得な買い物でした~^m^

私も「おひさま」見てますよ~^^
安曇野や松本の風景が大好きです
nyancousagiさんへ
おはようございます。

『安曇野』は2㎝ぐらいの小さなお花なんですが
密集して咲いたときはとてもきれいなんですよ~。
名前からして日本人作った交配種なのでしょうね^^

良い苗を選ぶというのは、ガーデニングの基本中の基本なのだと思うのですが・・・
私は、ダメもとで安い見切り苗を買ってきて復活させるのがわりと好きでして^^;(貧乏くさいですね・・・ははは)
もちろん、ダメになってしまうこともあるのですが、意外と植物って復活するんですよね~^m^
たまに、瀕死の子を連れて帰っては復活劇を楽しんでいます

キャラメル1101さんへ
おはようございます^^

安さに惹かれて状態の悪い苗を買ってくるなんて、
ガーデニングでは邪道なんです~^^;

昔の言葉で『苗半分』という言葉あります。
苗の良し悪しはその後の成長や収穫の半分を左右するという意味でして・・・。
そのくらい苗選びは重要だと言われています。

でも、こんな風にたまにはダメもとで育ててみて、うまく復活させるのもなかなか楽しいものですね♪

キャラメル1101さんも安曇野に行かれたことあるのですね^^
北アルプスの大自然に抱かれた長野の風景は感動的で今でもよく思い出します。
空気が澄んでいてそこにいるだけで元気になれるような気がします。
直実さんへ
おはようございます^^

貧乏性なので、安い苗などを見ると
つい復活劇を求めて買ってきてしまったりしちゃうんですよ~^^;
ミニバラは、バラの終わった時期に安く出回ることが多いのでつい・・・>m<
おまけに名前のわからないものも多くて・・・。
ラベルがついていても、育ててみると違うお花が咲いてきたりと
結構むちゃくちゃだったりしますが、
基本「ダメもと」ではじめてるので、うまく育ってくれたときは嬉しさがひとしおです☆
はじめまして!
うちに嫁入りしてきたミニバラのことを調べていて、こちらのブログにたどり着きました。
復活を果たした安曇野ちゃん、きれいに咲いてますね!
きっと拾ってくれたお礼なんじゃないかと勝手に思ってます(*≧艸≦)

長野県が大好きなので、「うちの子も『安曇野』だったらいいなあ~…」と思います☆
るいさんへ
るいさん、はじめまして!
ご来訪いただきありがとうございます~^^
その上、素敵なコメントまで残してくださって・・・すごく嬉しかったです^^

バラの種類はもう無限大に近いほどあるので、
購入時に名前がわからないと生涯『名無しバラちゃん』になってしまう可能性が高いですよね~。
私も、名無しバラちゃんをいくつか持っていて、
必死になって名前を探すのですが・・・似たようなバラがたくさんあったりして、
これだ!って断定できないのが残念です。
名前がわかないと、育て方の特徴や成長株の大きさなんかがわからないですものね~。

なので、るいさんがお嫁入りしてきたミニバラちゃんのことを調べていたお気持ちがわかりますよ☆

『安曇野』に良く似た品種で日本人作出の有名なミニバラに『のぞみ』というバラがあります。
『安曇野』はこの『のぞみ』の交配種なんですよ。
他にも『のぞみ』の交配種で『ピンクスプレー』『花便り』などたくさん「そっくりさん」がありますので、
まずは有名な『のぞみ』で検索していくと、るいさんのミニバラちゃんのお名前がわかるかもしれませんね。

私も長野の風景が忘れられなくて・・・・
『安曇野』のバラはそんな長野の風景を思い出させてくれる大好きなバラです・・・。

バラの記事はもう終わりですが、
よかったらまた遊びにきてくださいね~^^


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。