04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

バジル素麺で冷製パスタ風

2011/09/04
昨日の福岡は台風で大荒れの一日でしたが、
皆さまのところには被害などなかったでしょうか・・・

我が家はガーデン雑貨がばった~んと倒れたり、壊れたり・・・
ちょっとだけ被害がありました(泣)

昨日、主人は会社の後輩の結婚式に出席していたのですが。
広島からの出席の方が多かったようで
新郎新婦は当日まで台風の影響をとても心配されていたそうです。
なんとか皆さん無事に来福されたようで本当によかったです・・・。




さて・・・

今日は夏のおうちランチから。




バジルそうめんの冷製パスタ風





ぱっと見ると、普通の冷製パスタに見えますが・・・




使ったのはこちら・・・

以前にご紹介した頂き物『バジルそうめんとトマトそうめん』

2011-8-20-2.jpg





このバジルそうめんの方を冷製パスタ風にアレンジしてみました☆





フレッシュなトマトとバジルをたくさん使っています・・・

2011-9-4-1.jpg








トマトは畑で取れたイタリアントマト(マルマンデ)を使ってみましたよ^^

2011-9-4-6.jpg

マルマンデはイタリアントマトの中でも生食用に向く品種で、
見た目も国産のトマトのように、丸い形です。
でも、国産のトマトのように表面がつるっとしていなくて、
筋のようなへこみがあり、まるでグーをした赤ちゃんの手のような感じです。





暑い夏にぴったりの冷製パスタ風そうめん・・・

2011-9-4-4.jpg


湯剥きをしたイタリアントマトを適当な大きさにざく切りにし、
バジルの葉のみじん切り、ハーブソルト、バルサミコ酢少々をオリーブオイルで和えて
冷蔵庫でキンキンに冷やしておきます。
後は茹でて冷水でキュッとしめたお素麺に和えたら出来上がり♪


『これ、素麺よ』っていわなければ、パスタだと思ってくれそう・・・^^;;;


もともと冷製パスタは、パスタにソースが絡みやすいように、
カッペリーニという0.9mmの細いパスタを使用することが多いので、
そうめんにチェンジしても美味しくいただけると思います^m^




この日のデザート・・・


パンナコッタのブルーベリーソースかけ

2011-9-4-5.jpg





涼やかでのどごしのよい夏のランチとなりました。

2011-9-4-3.jpg
使用した主な器:iittala / Aino Aalto ガラスボウル165mm(バジルそうめん)
           Arabia / Oma プレート18cm(受け皿)
           iittala / Aino Aalto タンブラー ターコイズブルー(グラス)
  

ブログ村のランキングに参加しています。
↓のバナーの応援ぽちり凸をどうぞよろしくお願いします~^^/
皆さんの応援が日々の更新の励みになってます☆

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村





10:34 洋食 | コメント(14) | トラックバック(0)

自家製トマトソースと夏野菜のカポナータ

2011/08/23
昨日で畑の記事を全部書き終えてほっとしているリネンです^^/
やっと、これから料理のほうの記事が書けるわ~


昨日の記事で収穫をご報告したイタリアントマト・・・

2011-8-23.jpg



イタリアントマトが収穫できたら、
絶対にフレッシュトマトでトマトソースを作ろう♪とずっと楽しみにしていました。

いつもは缶詰めのホールトマトで作る基本のトマトソース・・・

缶詰でも十分に美味しいけれど・・・
フレッシュなイタリアントマトとバジルで作るトマトソースは
やっぱりそれとは比較にならないくらいに美味しいのです・・・

スーパーなどではあまり売られていないイタリアントマト。

自分で育てたイタリアントマトで作るトマトソースは
私にとっては最高の贅沢のなにものでもありません!



まずは何十個もあるイタリアントマトの皮をすべて湯むきします
(これはちょっと手間ですね~^^;)
2011-8-23-1.jpg

写真を見ていただけるとお分かりになるかと思いますが
イタリアントマトは国産のトマトに比べて繊維質が多いので
生食用ではなく煮込み用として使われることが多いです。



包丁の柄で軽く押し潰したニンニク2片とオリーブオイルを鍋にかけ、
オイルにニンニクの香りが移ったら、
湯剥きトマトを手で握り潰しながら投入。
あとはバジルの葉を数枚入れて弱火で煮込むこと30分程度。
トマトソースの量が半分ぐらいの量になるまで煮詰め、
最後に少量の塩で味を調えて出来上がりです(酸味が強すぎる時はお砂糖も少しいれます)



これで基本のトマトソースの出来上がり♪

2011-8-23-2.jpg


フレッシュトマトを使うと酸味が和らいで、とても美味しいソースになります。

まずは・・・

このソースとパスタをあえるだけの究極のシンプルイタリアン“ポモドーロ
頂いたパルメージャーノチーズをたっぷりとかけていただきました

ああ~!最高に幸せ~~!贅沢~~!(幸せすぎて写真を撮るのを忘れたwww)






それから・・・

畑で取れた夏野菜(玉葱、ナス、ピーマン、パプリカ)と頂き物のベーコン
それとこの基本のトマトソースを使って作った

我が家の定番料理“夏野菜のカポナータ”
(夏以外でもしょっちゅう作ってますが^^;;;)
2011-8-23-4.jpg


カポナータはイタリアの定番家庭料理でイタリアマンマの味です
(日本で言うところのおふくろの味ですね^m^)

夏野菜をトマトソースで煮込んだ料理で
フランスの家庭料理の“ラタトゥイユ”とほとんど同じ作り方です。

グリルしたお肉やお魚の上にソースとしてのせてもいいし、
パスタソースとしてショートパスタにからめても美味しい。
熱いままでもいいし、冷蔵庫できりっと冷やしてもいけちゃいます。




カラフルな彩りが元気をくれる夏の一品です
2011-8-23-3.jpg


ベーコン、玉葱、夏野菜(ナス、ピーマン、パプリカ、ズッキーニなど)を1㎝角切りにし、
オリーブオイルでベーコンと玉葱を先に炒めたあと、夏野菜を投入。
野菜に油がまわったらトマトソースを加えて10分程度煮込む。
最後に味を見て足りないようなら塩こしょうで味を調えて出来上がり。




2011-8-23-5.jpg

この日は、ショートパスタとあえて、
皮目をパリッと焼いたチキンに添えていただきました。

この時ちょうどカメラの充電が切れてこの写真しか撮れなかった~><。。ぐすん


明日はこのカポナータのアレンジメニューをもう一つご紹介します♪
また見に来ていただけると嬉しいです~^^/


ブログ村のランキングに参加しています。
↓のバナーの応援ぽちり凸をどうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

08:45 洋食 | コメント(12) | トラックバック(0)

鶏もも肉と野菜のオーブン焼き

2011/08/09
今日も随分前に作った料理からアップします
もう~どんだけため込んでるんでしょうね~^~^;;;

アップする時期を逃した記事・・・結構あるんです。。。
そのままボツになることも多いのだけれど、
せっかく撮ったしね(^▽^;)
今さら~?な感じぷんぷんですが(笑)
できるだけアップしていきたいと思って毎日せっせと記事を書いております(汗)



さて。。。

6月頃に収穫した新じゃが・・・
nouen191.jpg


病気になってしまったのであまりたくさんは収穫できなかったけれど、
それでも家族3人でしばらく食べるには十分な量でした。


でも、小ぶりなものが多かったので、
泥を落として皮付きのまま調理することが多かったです。。

↓この料理も皮付きのまま使いました。



チキンと野菜のオーブン焼き
2011-8-9.jpg


レシピは人気ブロガーのJUNAさんのレシピ本↓から作りました。
JUNAさんの家族を幸せにする毎日のごはん (e-MOOK)JUNAさんの家族を幸せにする毎日のごはん (e-MOOK)
(2009/10/27)
JUNA

商品詳細を見る

レシピはJUNAさんのブログからも見れます(レシピを確認したい方はコチラ)



鶏もも肉を白ワインとにんにく醤油、ハチミツに漬け込んで
あとは野菜と一緒に鉄板に並べて塩とオリーブオイルをかけて
オーブンで20分ほど焼くだけという簡単料理なのです

・・・が!

これがめっちゃ美味しいんです!!!
お肉も中はしっとり(ハチミツのおかげかな?)外はぱりっ焼けて
野菜も甘くて美味しくなるんです。

もう、うちの定番中の定番料理になってます(もう数え切れないくらい作りましたよ~)



おお~!
こんなにいっぱい誰が食べるんでしょうね~^^;;;
2011-8-9-1.jpg

彩も美しいので、クリスマスのメイン料理なんかにもぴったりです。

普段は、じゃがいもは皮をむいて一口大の乱切りにしたものを使うのですが、
このときは、皮付きのままのじゃがいもをレンジで軽く火を通してから使いました。
オーブンで焼くと皮がぱりっとなってホクホクで美味しかったです。


今は暑いので作っていませんが、冷めても美味しい料理です。
涼しくなったら、また作ろうと思います。

2011-8-9-2.jpg

ブログ村のランキングに参加しています。
↓のバナーの応援ぽちり凸をどうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村






16:00 洋食 | コメント(8) | トラックバック(0)

手作りジェノベーゼペーストを使ったジェノバ風パスタ

2011/08/05
指先を負傷して以来、家事もろくろく出来ず
料理も記事にするようなものはつくっていませんので
少し前に撮りためていたものを順次ご紹介していきたいと思います。


先日ご紹介したジェノベーゼ・ペースト。
畑で大量に収穫できたバジルの葉を使って作りました(その時の記事はコチラ)


で・・・

そのジェノベーゼ・ペーストを使って作ったパスタがこちら^^
(夜に撮影したものなので写真が薄暗くてすみません)


インゲンとジャガイモのジェノバ風バジルパスタ




ジェノベーゼ・ペーストがあれば作り方は簡単♪


パスタをゆでる時に、角切りのジャガイモとインゲンを一緒に茹でます。
パスタと野菜が茹であがったら、
オリーブオイルとジェノベーゼ・ペーストを適量混ぜ合わせるだけで出来上がり♪
なんともお手軽なパスタです。


2011-8-5-1.jpg



本場のイタリアでもジェノバ風パスタというと具材は“インゲンとジャガイモ”が王道ですが、
エビやイカなどの魚介類やベーコンなどもいいですし、
冷蔵庫にあまっている野菜なんでもあいそうな感じ。

フレッシュバジルの香りがふわぁ~とたちこめて、バジル好きにはたまらない瞬間です。


余談ですが・・・

先日のジェノベーゼペーストの記事のコメント欄にて、
バジルの増やし方についてコメントさせていただいたので、
バジルの水挿しの様子を写真に撮っておきました

こんな感じです
2011-8-5-3.jpg

苗の2節ほど残して上の部分をカットし、
コップなどに挿しておくだけで、すぐに発根してきます。。。
(苗のほうもカットすることで枝数が増えます)
水挿しで発根したら、土に挿しておけばまた新しい苗になるので
秋の終わり頃まで長く楽しめると思います。





この日のサイドメニューは、豆腐野菜サラダ。フルーツはスイカでした^^;

2011-8-5-2.jpg

ジェノバ風パスタに使ったガラスのお皿は
ドイツの老舗クリスタルブランドNachtmann(ナハトマン)のもので、
『ダンシングスター ボサノバ』というシリーズです。
モダンなカットが美しく、しっかりとした厚みがあって使いやすいので
私のお気に入りのガラス食器の一つです^^


最後までお付き合いしてくださってありがとうございました

ブログ村のランキングに参加しています。
↓のバナーの応援ぽちり凸をどうぞよろしくお願いします~^^/

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村




12:54 洋食 | コメント(10) | トラックバック(0)

魚介のパスタ『ペスカトーレ』

2011/07/24
昨日の土曜日は、地区恒例の夏祭りでした。
お昼過ぎから、子供達はすっかりお祭り気分♪
親子で夏の夜のひと時を楽しみました~^^/

9時をまわって一息ついたところで、一本の着信メールに気づき・・・
送り主は大学時代のゼミの友達。
「話したいので電話ください」とのこと。

あ!今日は大学時代のゼミの同窓会の日だったのでした^^

折り返しすぐに電話すると・・・居酒屋のざわめきの中から十数年ぶりの懐かしい声が~^^

いやいや、なつかしーーー。

参加者全員と代わる代わる話すことができました~^^
ぜんぜん変わっていない友達の声や話し方をきいていると、ほんの短い時間でしたが
大学時代にタイムスリップしたかのような楽しさ♪
男性が圧倒的に多いゼミだったけれど、楽しい思い出もいっぱい・・・。
今日は参加できなかったけれど、いつかまた会えるといいな^^





さてと・・・。


今日は少し前に作った基本のトマトソースを使ったトマトベースのアレンジパスタ^^
(基本のトマトソースの作り方はコチラをどうぞ)


ペスカトーレ

2011-7-24-1.jpg


“漁師風”という意味のペスカトーレ

えびやあさりなどのさまざまな海の幸をふんだんに取り入れたちょっと豪華なパスタです。

魚介類からでる美味しいダシと
唐辛子をピリっときかせたトマトソースが絶妙でうまうまな一皿です^^







ムール貝入れたら、もっとそれらしいんですけれど^^;

ムール貝はなかなか手に入りません

2011-7-24.jpg



<材料2人分>
スパゲッティ2人分
殻つきあさり16個ぐらい、イカ半杯分、エビ・・・8尾程度
白ワイン50cc、基本のトマトソース・・・カップ1、
ニンニクのみじん切り・・・一かけ分
オリーブオイル、赤唐辛子、塩は適宜

<下処理>
アサリは砂出し。
エビは背わたを取り、皮を剥いて背側に切れ目を入れる。
イカはえんぺらをはずして皮を剥いて輪切り。

<手順>
塩を入れた熱湯で人数分のパスタをゆで始める
フライパンにオイルとニンニク、赤唐辛子を入れ、弱火で炒める
オリーブオイルにニンニクの香りが移ったらあさりと白ワインを入れ、
蓋をしてアサリの口が開くまで蒸し煮する。
アサリの口が開いたら、イカとエビをいれてサッと炒める
トマトソースを加え、サッと炒めあわせたら塩で味をととのえて、
茹で上がったパスタを加えて出来上がり。







こちらはサイドメニュー

2011-7-24-4.jpg


貝柱に塩こしょうをして、オリーブオイルをフライパンにひき両面を軽く焼いた後に
ジェノベーゼペーストで味付けしたもの(写真左)
上に、ハーブのチャイブをちょこんと乗せて。

それから・・・ザル豆腐サラダ(写真右)
レタスなどの葉物の上にザル豆腐をのせ、さらにキュウリトマトなどを乗せて
ゴマタレでいただきます^m^(我が家の夏の超定番メニュー)

食後のフルーツはメロンでした☆





基本のトマトソースを使った簡単アレンジパスタのおうちごはんでした☆




ブログ村のランキングに参加しています。
皆さんの応援クリックがブログを続ける励みになっていますので
がんばれ~の応援ぽちり凸をよろしくお願いします

にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村

18:31 洋食 | コメント(11) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。