12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2013年春の庭~つるバラ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』

2013/06/07
つるバラ『レオナルド・ダ・ヴィンチ』

2013-6-7-1.jpg


咲き始めの時から、気品漂う高貴な雰囲気で
深いローズピンクがひときわ目をひきます。







幾重にも重なった花びらがとても豪華で、花持ちもバツグンです。




2013-6-7-2.jpg



去年は黒星病の被害がひどかったので、大胆な剪定を行いました。
そのせいで、背丈は伸びませんでしたが、
株が若返ったので、小さいながらも今年の花つきはよかったと思います

大好きなつるバラなので、大きく育てて
アーチに絡ませたいと思っているのですが・・・
黒星病に阻まれてなかなか大きくできないでいます。
00:21 ガーデニング | コメント(4) | トラックバック(0)

2013春の庭~ミニバラ☆安曇野とミサキ

2013/06/06
梅雨の晴れ間が続いている福岡です^^

薔薇のシーズンも終わってしまいましたが、

今年の春、咲いてくれた庭のバラたちを少しずつ紹介していきますね。


ミニバラ『安曇野』


今年も株いっぱいに花芽をつけてくれました。

長野の『安曇野』のイメージしてつけられた名前なのでしょうか。

すごく昔に訪れた、空気の澄んだ静寂な『安曇野』のイメージそのままです。
一重の薄いピンクの小花がバラらしくなくて野趣の雰囲気を感じます。






1メートルほどのオベリスクに誘引しています

2013-6-6.jpg

撮影した頃はまだ五分咲きくらいかな・・・。
すこしずつ咲いていくので開花の時期が長く楽しめます。






こちらは安曇野よりもさらに小さいマイクロミニバラの・・・

『ミサキ』
2012-5-23-1.jpg

小指の爪の先ほどの小さなバラが密集して咲きます。

小さくて、可愛らしくて、見ていると愛おしさが湧いてくるミニバラです




今日一日、皆さんになにかHAPPYなことがありますように。

今日もお仕事がんばってきま~す^^/
08:29 ガーデニング | コメント(2) | トラックバック(0)

2013年春の庭~その6~ジューンベリーとハーブ

2013/06/03
今年もたくさんの実をつけました。

『ジューンベリー』
2013-6-2.jpg

たくさんといっても・・・
ジャムにできるとか、デザートの飾りに使うほどでもなく・・・。
朝食のヨーグルトに入れて楽しむ程度です。

それでも・・・収穫の楽しみと食する楽しみがあり・・・

庭に果樹があるのはとても幸せなことですね。




『ハーブ』

2013-6-1-1.jpg

イタリアンパセリ、セルフィーユ、ミントなど
特に、食事やデザートの飾りつけによく使うハーブ・・・
ダイニングの窓からすぐに手が届く場所に集めて育てています。


必要なときに、すぐにいくらでも摘みたてが使えるというのは本当に便利。

フレッシュな香りとともに、幸せを運んできてくれる贅沢なひと時です。




ハーブも春になると、ぐんぐん成長してお花が咲きます。


『セルフィーユの花』
2013-6-1-2.jpg

セルフィーユの葉はとても繊細なので
デザートの飾りつけなどに重宝しますが、
お花も繊細で可憐です。






一方・・・

裏庭には・・・

2013-6-2-8.jpg


ミニトマトとバジルを一緒にコンテナで育てたり・・・






2013-6-2-9.jpg

三つ葉がわさわさと育っていて使い放題です^^

実家から運んで移植した“山椒”と“ハラン”もなんとか根付いてくれたよう・・・。

よく使うローズマリーも日陰のこの位置なら大きくなりすぎなくていいようです。





庭で育った果実やハーブ・・・

草花を育てて愛でる楽しさとはまた違って

収穫の喜びや食する幸せが心を元気にしてくれます。






21:03 ガーデニング | コメント(6) | トラックバック(0)

2013年春の庭~その5~門扉周辺

2013/06/01
門扉周辺の寄せ植え。

多年草のアルメリアと銅葉が美しいヒューケラ、
青い小花のロベリア(一年草)の寄せ植え

2013-5-31-8.jpg


テラスと同様に、門周りも今年はシックな感じのイメージで。

・・・とはいっても、人目に付く場所なので、あまり地味になり過ぎないように・・・
色の組み合わせには私なりの小さなこだわりを入れています。






『アルメリア』

2013-6-1.jpg


花のない時期もふわふわの葉が残るので
一年中、植えっぱなしのアルメリア

春になるといつもにょきっと出てきて可愛いお花を咲かせてくれます

すーと伸びた茎の上にぽんっとくっついたような丸いお花が印象的。
思わず食べてしまいたいくらいの愛らしさです








『ヒューケラ』

2013-5-31-4.jpg

ヒューケラはカラーリーフプランツとして人気が高く種類も豊富です。
こちらは“シャンハイ”という品種。

パープルシルバーの濃い葉の色がバックカラーの役目を果たしてくれるので
手前に植え込んでいるアルメリアのピンクやロベリアの青を際立たせてくれています。


花より葉のほうが鑑賞の価値があるといわれているヒューケラですが、
このシャンハイという品種は花もすごく可愛いです。
白に近い薄ピンクの小さなお花をたくさん咲かせます。
葉と花の色のコントラストが本当に素晴らしいと思う花の一つです。






最後は・・・またまた増殖中の多肉ちゃん。
2013-6-1-4.jpg

なんにも手をかけてないのに
こっちでも、あっちでも、どんどん増殖中^^;;;




春から夏の草花に植え替えをする前に梅雨になってしまいました。

5月は忙しかったから仕方ないかな。。。






14:17 ガーデニング | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年春の庭~その4

2013/05/31
そういえば!
2013年春の庭・・・
中途半端な状態で終わってましたね^^;;
もう明日から6月だけど、
いくつか写真が残っているので備忘録としてアップします。

私のお気に入りのお花ばかりですので
よかったら、見ていってください


『アジュガと姫ウツギ』
2013-5-31.jpg

このブログを以前から見てくださっている方は
幾度が目にしたことがあると思います。

グランドカバーとしてたくさん地植えしている『アジュガ』
春になると一斉に青い花を咲かせます。

冬の間は葉を落としてひっそりと枯れたようになっている『姫ウツギ』
春の訪れとともに純白の小さな花をたくさん咲かせてくれます




『オオデマリ』
2013-5-31-5.jpg

黄緑かかったクリーム色の手毬のような愛らしいお花。
初春のほんの1週間だけのお楽しみです。







『クレマチス』

2013-5-31-7.jpg


今年も花つきがよく、たくさんの大きな花を咲かせてくれました。
今年はクレマチスが散った頃に白バラのサマースノーが咲き始めました。
なかなか時期を同じくして咲いてはくれないようです。







『ヒメツルソバ』

2013-5-31-2.jpg


こちらもグランドカバー用に地植えしていますが
増殖力が強いので増えすぎてちょっと困り者。
でも、個性のある銅葉と金平糖のような可愛いらしいピンクの花がたまらなく好きです。






『クリーピングタイム』
2013-5-31-9.jpg

はじめは、一苗の小さなポットから始まり・・・
毎年、株分けを繰り返して、どんどん増殖中・・・。

門から玄関までのエントランスの敷き石の間に移植しておいたら、
春にはすっかり埋まりました^^
踏むとタイムのいい香りがします。





うちの庭の地植えの花たちは
色も形もひかえめでおとなしい野草的な感じのものが多いです

ぱっと目をひく派手さこそはないけれど、
ちゃんとそこに存在感をもって輝きを放っている草花

1年に一度、この時期にしか会えないと思うと
心の底から愛おしい。

また来年、会える日まで・・・
22:49 ガーデニング | コメント(6) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。